忍者ブログ
土井平蔵の中庭

アマゾナス

●山岳の民であるミタンニが、海の勢力と結ばれたという話を書いたけど、その海の勢力に該当するのはキズワトナが妥当だろうと…思うんですけどね。なんにしろWikipedia先生に記事がない。英語版はあるけど。
 でもってヒッタイトが滅んだあとその故地にシロ・ヒッタイトという小国群が出現したという。これもその後の世界史全体に関わるような王国群だったんだろうけど…やっぱり日本語版がない。日本人興味ないのか…先祖の誰かが住んでたかもしらんのに。

●このキズワトナ(トルコのアダナ周辺)という地域も…アトランティス調べてた時に何度も見たすな。AS・ATがたくさんあるので。というかあの辺は「アトリ~」がつく王様が多い気がする。アトリといえばアッティラだけど…。

●このキズワトナもフルリ人の一派みたいなんだが…。ともかく最初はヒッタイトと同盟を結んでた海上王国キズワトナは、途中からミタンニに乗り換えたみたいすな。そこからミタンニの隆盛がはじまる。それがBC15世紀。
 まあキズワトナはおいといて…。

●シュメール関連見てると「え、ここでも!?」というぐらいフルリ人発祥の国が多い。なんだかフルリ人拡散しすぎじゃねーのと。というかメソポタミア人って全部フルリ人じゃねーのという…それは極論だけど。
 でも極論でもないのかな…という証拠みたいなのを見かけたので。

●これは戦車がどうやって伝播したかを示すなんですけどね。戦車っても大砲積んだアレじゃなくて、ベンハーに出てきた戦車です。馬に牽かせるやつ。
 これ見ると…なんだかおいらが想像してたスバルの故郷、あるいはフルリ人がどうやって拡散したかをそのまま示してるように思えるんですけどね。
 で、フルリ人の記事をよく見たら「戦場における馬と戦車(chariot)を導入した」と書いてありますね。いつもながらのすっぽかし。

●で、一番真っ赤な部分が戦車の発祥地だという事になるんだろうけど。ここって…前に引用したアファナシェヴォ文化の後継であるアンドロノヴォ文化の地域じゃねーかと…。
 つまりクルガン(古墳)の本家本元、インド・ヨーロッパ語族の発祥地です。

●ここがスバルだった…というのは早計かもしらんけど。でもそれに遠からずという所だろうと…。
 ここに住んでたスバル人は、戦車と馬を携えてメソポタミアに流れこんできた…。という所で「ん?」となったわけで。

●ひょっとしてメソポタミアのジッグラト、エジプトのピラミッドという観念もスバル人が中央アジアから持ってきたんじゃないかと。
 シュメール人とかエジプト人とか言ってるけど、元をただすと中央アジアの遊牧民ちゃうんと。スバル人ちゃうぅぅんと…。
 まあそれを証明するものはいくつかあるんですけど。

●シュメール人の人種は系統不明といわれてるけど、じつはアジア系だったという話をなんかで見たんですけどね。
 それと初期エジプトのファラオはアジア的な風貌をしてたとか。でエジプトが最近ファラオのDNA鑑定をしたけどその結果は非公開にしてるとか。なんかマズいんですよ…。

●エジプトも最初のころは小国に分裂してた、つまり群雄割拠の状態だった。それが時代が進むにつれて中央集権化していっただけで。
 シュメールも多くの都市にわかれてずっと統一されない状態でしたな。ギリシアもずっとその状態。
 多くの部族にわかれて統一しない。って…それは遊牧民の風じゃないのかと。

●つまりエジプトもメソポタミアもスバル人が造った!!!
 …なんもびっくりマーク3つも並べるこたない。
 でもその可能性はあるってことですよ。つまり戦車の拡散の図はそのままスバル人による大陸征服の過程を示した図であるという見方もできる。
 歴史には記されてないけど、たぶんジンギスカンみたいなスバル人の英雄がいたのかもしらない。知らないよ。

●で中国にはBC1600年という比較的早い段階で戦車が普及してまつな。オリエント地域よりも早い。スバル人にとっては中国のほうが心情的には近い地域だったんじゃないかと。
 で、周という王朝の字も「あまねし」という意味のほかに「めぐる」という意味があるすな。何かが回転してるんですよ。つまり車輪が。
 周王朝で春秋戦国時代といえば戦車戦ですよ。馬車の時代ですよ。

●それと「都市国家」という観念もスバル人発祥じゃないかなと思うわけで。
 スバル人は遊牧民なんだし、都市なんか住んでるわけねーじゃねーかと思うんだが、アンドロノヴォ文化に残るアルカイム遺跡を見てギョッとしたんですがね。
 なんというか…スペースコロニーみたいな。というかイランにこれと似た建物たくさんあるすな。
 まだ小規模集落の段階だけど、これを拡大するとシュメールやギリシアの都市国家になり、アトランティスの円形都市になり…。
 アルカイム…なんでか有鹿神社を思い出したんだが。東北地方に残るストーンサークルもこれを模した感じもする。黒又山の麓にもあるすなストーンサークル。

●でもスバル人による統一事業は…あまり組織的に行なわれなかったのか、うまく行かなかったみたいすな。あちこちに散らばった先遣隊が勝手に独立しちゃったのか、あるいは征服された現地民も戦車の使い方おぼえて対抗したのか。黒船つくった日本みたいに。
 だいたい中央アジアに4大文明に匹敵するような文明が興ったという話を聞かないので。

●で肝心なのがこのアンドロノヴォ文化が、ミタンニとインドのルーツだという事です。インドのバラモンの教義と、ミタンニの宗教観は同根だということで。「ミタンニ」という言葉もインドのミトラ神と関係あるのかもしらず、ミタンニが滅んだあと中東に「ミトラ教」として残ったんではないか。キリスト教はそのミトラ教から発生したという話がある。
 んで他の一派はイランに移住してメディア王国を築いた。さもなくばその国の司祭(マゴイ、マギ)になった。釈迦はそのマギ一族だったという説がある。
 このメディア王国についても何か書きたいけど指が疲れたので略。
PR

アイライク演歌

●前回書いた話だとみんなフルリ人発祥みたいになってるけど(個人的にはそうしたいけど)それじゃ説明できない事も多いんすな。
 シュメール・エジプトにあったピラミッドが、フルリ人を介して中央アジアの古墳(クルガン)になった…。
 でもそれはBC20世紀以後の話であり、前30世紀以前からクルガンってあったみたいだし。初期エジプトのピラミッドと同時期に、中央アジアにはすでにクルガンがあった…。

●んでもってBC30世紀のペルーにはすでにシュメール式の巨石建築が存在するんすな(カラル遺跡)。
 とんっ…でもない昔。フルリ人のフも存在しない時代。
 とすると、やっぱりアトランティス人っていたのかなって話になる。

●文明の大規模な伝播って紀元前に何度もあったんだろうし、フルリ人もその波の一つだろうと思うんですけどね。
 紀元後ではゲルマン人、フン人、モンゴル帝国、大航海時代…などなど。
 北欧の人はフルリ人なんて忘れてるから「我々はフン人の末裔だ」とか言ってるんじゃないかな。それも間違いじゃないんだろうけどね。

●このフルリ人があちこちの地方に散らばってオリエントの文化を伝播した。
 で行った先ですぐに「王様」になった…と簡単には行かなかったでしょうね。土地には土地の王様がいるんで。略奪とかしてたら討伐されてしまう。
 だからその移住先の国に、傭兵とか官吏とか学問とかで入りこむ。あるいは祭祀とか…。
 ローマではゲルマン人傭兵のスティリコとかアラリックが有名だし、晋の文公にも狐偃という白狄出身の参謀がいました。というか文公の母親が狄族出身です。狄(テキ)の語源は「トゥルク」から来てるそうな。

●フランス語で騎士を意味するシュバリエもあるいは「スバル人」から来てるのかもしらないし。スバル人のように馬に乗る人という…。
 ゲルマン人が持ってたフラメアという武器。自由を意味するfreeとかもフルリ(hurrian)から来てるんじゃないか…。
 思いつきだけど…わからんすよ。詳しい人は調べてくんさい。

●日本でも鬼室集斯とか秦河勝とかいう名前を挙げようかと思ったけど、前回出てきた猿女君(さるめのきみ)もそうだったんじゃないかなと…思ってるわけで。
 猿女君=アメノウズメ=シュメールの都市国家ウトゥにいた巫女さん(ナディートゥー)です。つまり猿女君というのはナディートゥの末裔なんじゃないかと。

●サルゴンがみずから太陽王と名乗ったと書いたけど、太陽神の総本山である都市ウトゥは王の権力付与に重要な役割を果たしたんじゃないか…。これはWikipediaのサルゴン自身の記事には載ってません。シャル・キン(サル王)という名前と、日本のサルタヒコとアメノウズメの結婚話から思いついた事です。
 その太陽神のナディートゥーは…踊りも踊ってただろうし、歌も歌ってた。また変なことを書きだしたぞ土井さんは…。

●歌を歌うには歌詞を憶えなきゃいけませんね。記憶力が良くなければならない。
 古代の歌詞は多分に神話を含んでます。物知りです。歴史官にぴったりです。
 古代の日本における歴史官って…思いつく人。すなわち古事記を編纂した太安万侶。そのそばで朗唱してた人。稗田阿礼です。
 この稗田阿礼が猿女君なのです。

●つまり日本では文吏・歴史官・芸事などで入りこんだフルリ人がいたって事です。だから古事記の内容ってオリエント臭がぷんぷんします。稗田阿礼が中東人、もしくはその子孫だったからですよ。
 だいたい稗田のヒエって「日枝」に通じますね。日枝=山王=サルレオです。

●中国で歴史官といえば…司馬遷がいるすな。あの司馬も「スバル」に似てる気がするんだが…。
 司馬という姓は「軍事を司った官名」から来てるそうだけど、その祖先は軍人として周王朝に入りこんだ遊牧民だったかもしらないし。
 その司馬氏はのちに皇帝になりますね。晋の司馬炎です。スティリコ、アラリックと同じく遊牧民の血がそうさせたとしか思えません。なにやら炎の字が意味深です。

●とするとフルリ人(スバル人)が住んでたミタンニ地方…というのが画然とクローズアップされる所だけど、おいらはミタンニ重要じゃなかったと思うんです。どういうこったと。
 つまりフルリ人にとっての本拠地はあくまで故郷「スバル」であり、ミタンニ諸王国はその出先機関、出張所にすぎなかったんじゃないか…と思ってるわけで。
 ではそのスバルはどこにあったか…というのはいずれ。

江戸村

●今日はよもやま的に。

<山幸の話>

●フルリ→すばる星→プレイアデスというのは単なる類推なんですが、プレイアデスの記事を見ると色々おもろい発見があるすな。
 なんだかアトランティスに関係する言葉が色々出てくる。

●大地の神アトラスと、海の精霊であるプレイオネが結婚してプレイアデスの7姉妹が生まれたという。
 ミタンニ地方って内陸の山奥ですよね。山岳民族。それがどっかの海洋民族と結びついてミタンニ諸王国が生まれた。あるいは繁栄した。…という事なんでないかな。

●ミタンニはシュメール、ヒッタイトはおろかエジプト、インドとも関係が深かったそうだし。エジプトのヒュクソスそのものではないにしても、それと関係の深い民族だったかもしれない。つまり一度エジプトを支配してた、という可能性もある。

●つまり山奥にいながら海上にも力を持ってたという事だと想像してますが。この山の神+海の神の融合は…日本にもたくさんある。というか古事記にも山ほど出てくる。
 大地の神・山の神というと山幸彦を思い出すんですがね。
 この山幸彦の本名が火遠理(ホオリ)という。なんか思い出しませんかね。フルリです。

●ミタンニ地方を追われたフルリ人は、コーカサス地方に逃げてったという。コーカサスといえばすぐ南にイランがあります。イランといえば拝火教です。火です。だから火遠里。
 んでもって火を司る神官長、という意味で諏訪の大祝(おおほうり)。…まあトンデモですが。

●フルリは英語だとhurrianです。これがflame、fireの語源になったんじゃないか。フルリ人は火を崇める民族だったんじゃないか。それがイラン地方に定住して拝火教になったんじゃないかという想像です。
 だいたい拝火教のマギがかぶってる赤い帽子がフリギア帽です。これをサンタクロースもかぶってた…。

●日本に赤い帽子かぶってる神様なんていないじゃないか…と思われるかもしらないけど七福神のエビス様がおられます。えべっさんです。
 聖書だとフルリ人はエブス人と呼ばれてます。

<金星の話>

●だから周の太伯ってのは伝説の存在かもしれないけど、よほど中東の文化を保存したままアジアに渡って来たってことですよ。
 近ごろ利根川図志って本見てたら「太白は金星」という説明があってんですがね。占星術では常識なのかな。ちょっと呆気にとられたすな。
 金星=イナンナ(イシュタル)です。

●イナンナ信仰というのはシュメールだけじゃなくてその周辺でも信仰されていた。ミタンニ・ヒッタイトだとイナラシュになり、地中海だとアスタルテになり、ギリシアだとアプロディテになったとか。エジプトのイシスとも同根かもしらない。
 とするとアマテラスってのも…まあいいやな(ぉ

●イナンナ(アスタルテ)は手に葦を持ってますね。イシスは麦穂を持ってます。どっちも豊穣の象徴だからです。
 葦なんて食えねーじゃねーかと思うけど、葦は生活必需品になります。イナンナ→アスタルテ→アシュタルテが持つ草。という意味で葦(アシ)。
 んでもって日本で豊穣の象徴ってなんでしょうか。米ですね。だからイナンナの草という意味で稲(イネ、イナ)。
 まあ言葉遊びみたいなもんですが…。

<猿の話>

●以前「クシのサルレオ!」で終わったけど、あの讃留霊王ももとはサルレ王だったと思います。
 んでもってキシュの王サルゴン。本来の読みはSharru kin(シャル・キン)。なんでかRが2つ並んでます。サッルかもしらない。
 んでもってキンはシュメールの本来の名であるki-en-gir(キエンギ)で土地の王って意味なのかな。Kingとか公・君(キミ)の由来かもしらない。日本にも猿女君(さるめのきみ)っていたけどやっぱりキミがつきます。
 とするとシャルキン、サッル王、サルレ王、サルレオとなるわけで。

●シャルというのはアッカドの太陽神であるシャマシュ(ヒッタイトではシャルマ。シュメールではウトゥ)から来てるんだと思いますが。イナンナの双子の兄弟です。
 サルゴンは母親が神殿娼婦であり、卑賤から身を起こして大王になったというけど、その母親というのは太陽神殿の巫女だったかもしらない。だからみずからを太陽神の子、太陽王とした…という想像。
 サルゴンの名はシュメール人にとってよほど強烈だったらしく、以後同地を支配する王者もサルゴンを意識してたといいます。八幡太郎みたいなもんだろうか。

●このサルゴン(太陽王)信仰も日本にやってきてサルレオとして信仰されてた。そのサルレオに「猿」の字を当てた。以前のサルタヒコがそれです。
 んでもってサルレオも名前を変えて讃王→山王になる。
 山王といえば日吉神社です。太陽信仰です。この山王信仰もやっぱり由来不明なのです。

●で、日吉といえば日吉丸、豊臣秀吉ですね。信長から「サルサル」言われてたけど風貌が猿っぽいから呼ばれてたんじゃないですよ。日吉信仰(山王)のお使いが猿だからです。
 んでもって卑賤から身を起こして大王になる…サルゴンの来歴に似てる気がします。因縁というか何というか。

●太陽信仰といえば他にもありましたな。宇都宮(うつのみや)です。
 太陽神の宮殿。だからウトゥの宮。
 そのウトゥの宮のそばには何があるか。日光です。
 んでもって日光といえば猿軍団です(これは蛇足

●シュメールの話してるけど日本に残るシュメールの痕跡は、オリジナルから直接、という意味じゃなく、フルリ人(エビス様)を介しての伝播だろう。と想像してます。
 エビス様は七福神(プレイアデスの7姉妹)、七福神は金比羅船々、んでもってサルレオ様は金比羅山の麓に祭られている。
 結局えべっさんだ(どういう

フリ鳥

●なんかシュメールシュメール書いてるけどシュメール本体が発祥だったか分からんですけどね。
 前にも書いたようにミタンニ小王国群とかマリ王国とか、ミタンニ発祥であるウラルトゥとかだと思うんですけどね。

●これらの小国群はシュメールからは文化的影響を受けつつ、ヒッタイトからは金属器による影響を受けた。文化的にはむしろヒッタイトより上で、ヒッタイトは軍事的では優位でありつつ、文化的にはこれらの小国から影響を受けてた形跡がある。ローマとギリシアの関係に似てる。
 こういう周辺諸国のほうが中央の文化を保存・継承してくもんすな。日本人があまり形を変えずに漢字を継承してくのに似て。

●ミタンニ…というけど何だかたくさんの小国で分裂してた。これらの小国がどうなったか…というのは前回よく調べなかったんですがフルリ人で見たらけっこう詳細に書いてあった。
 やっぱりヒッタイトとアッシリアにボコボコにされてる。んでもってBC13世紀ごろには全消滅してる。

●この小国に分裂して統一しない。というのは遊牧民にみられる特徴すな。長男・次男・三男に遺産を分割相続させるんで一つの勢力がどんどん分かれてく。つまり封建制のルーツですが…。ヨーロッパと日本がそれを持ってた…というのはたんなる偶然じゃないすな。根っこは同じなんです。

●周王朝ももとは分割相続の騎馬民族であり、それが殷の領域内に転居することで殷化して古来の風を捨てた感じもする。そう状況で長男の太伯は「伝統を捨てるのはイヤだ。殷人になるのはイヤだ」といって出奔した…という見方もできる。
 でも殷化(中国化)したあとも周は本来の分権制をひきずってしまい、諸国に分裂し、春秋戦国時代になる。
 こういうケースは五胡十六国の時にたくさんあったと思うんですけどね。漢民族化するのを嫌ってずっと胡風を押しとおした国とかあったろうし。
 まあ封建制はどうでもいいんすが。

●このフルリ人のルーツ…というのを見てちょっと意外だったんすが、もとはコーカサス山脈の麓にいた遊牧民みたいすな。アッシリア北方の「スバル」から来たというけど、そのスバルというのがどこかは不明。高天原とかアスガルズみたいな神話・観念上の理想郷だった気もする。
 ということはフルリ人たちは自分達のことを「スバル人」と呼んでた可能性もある。

●つまりフルリ人は根っからのオリエント人じゃないんで。紀元前25世紀中央アジアからやってきて…その時に馬を持ちこんできた。それ以前メソポタミアとエジプトに馬はいなかったらしく、この彼らの持ちこんだ馬が両文明の隆盛をもたらしたんではないか。でもって両文明から「傭兵」として一目置かれてたフシがあるすな。
 ミタンニ地方にたくさんの国々を建て、シュメールに匹敵する(シュメールが滅亡した後はオリジナルを凌ぐような)文明を築いた。
 ただ小王国連合という状態だったために統一国家&鉄器文明であるヒッタイトやアッシリアの侵攻を受け、紀元前13世紀ごろには全消滅した。…という流れかと。
 一説には故郷のスバルに帰ったともいう。つまりコーカサス山脈。

●この前13世紀ごろに消滅した…というのが重要です。なぜならその100年後におこるカタストロフ…その大変動の主体が誰だったかを解くカギになると思うからです。
 このカタストロフの打撃を一番受けたのは誰だったか。ヒッタイトですね。つまり一度中央アジアに逃げてったフルリ人が、100年の間に実力を養い、遊牧民を率いてふたたびオリエント世界に逆流してきた。つまり復讐だったと考える事もできる。
 でもそんな事はヒッタイト側は忘れてるので「誰そ彼」という間に滅んでいった。その謎の遊牧民もさんざん地中海世界を引っかきまわした挙句、歴史の中に自然消滅していった。

●でも中央アジアに逃げていったフルリ人(スバル人)が全部地中海に乱入したか…というと違うと思います。その後の世界史の流れを見ると4つのケースが考えられます。

①中央アジアにとどまって騎馬民族化したグループ(スキュタイ人・トゥルク人)
②東方へ向かって半農半牧になったグループ(周・大月氏・朝鮮人・日本人など)
③西方に向かってカタストロフを引き起こしたグループ(海の民・ギリシア人・トロイア人など)
④北方へ向かって北欧の少数民族になったグループ(北欧人、ノルマン人、サーミ人など)

 この他にウラルトゥ王国を築いたグループというのもあるけど省略。
 本来フルリ人などは古代オリエントに現れた一勢力にすぎないんですが、古代のある時期に中央アジアで分裂して各民族の祖になった事が重大なのです。

●このスバル人の足跡…というのは世界に残る「古墳」の分布見ればわかると思います。シュメールの後継者であるミタンニ諸王国はその文明の粋ともいえるジッグラトを有してました。スキュタイ人のグルガン、秦の始皇帝陵、日本の古墳、高句麗にもジッグラトそっくりな墳墓があります。
 でもう一つ忘れちゃならないのがアメリカです。インディアンのマウンド文化。マヤ・アステカのピラミッド。実にジッグラトそっくりです。スバル人は海を渡ったとしか考えられません。

●というのは空想ファンタジーの世界なんですが、ハプログループRの図を見ると…なんとなくスバル人の足跡が見えてきませんかね。注目すべき点はアメリカ大陸にも分布してるってことです。でアメリカの場合はそのルーツが「はっきりと結論が出ていない」という点です。つまりどうやって渡ったのか分からない。
 おいらはサーミ人がその鍵を握ってたと思うんです。

●サーミ人はフン人発祥、というけどフン人(騎馬民族)の特徴である馬を持ってませんでした。たぶん北極圏は寒すぎて馬が生存できないのかもしらない。
 じゃあ代わりに何に乗ってたか。トナカイです。
 このトナカイの分布図を見ると…やっぱりハプログループRのそれに酷似します。んでもってやっぱりアメリカ大陸にも及んでいる。
 トナカイといえばサンタクロース。サンタクロースといえば赤い帽子。赤い帽子といえば…詳しい人なら知っている。拝火教のマギです。

●もうひとつの証拠は「フルリ人が膠着語を用いていた」という点です。この膠着語の分布を見ると…前2者の分布の仕方に似ている。やっぱり北極圏が濃厚です。
 アメリカ大陸の表記がないけど、エスキモー・アリュート語族、マヤ語族などが限定的ながら膠着語を用いているという。
 ちなみにヒッタイトは非膠着語です。

●ならどうやって渡ったか…ベーリング海ルートか…というヒントをくれたのがトナカイの分布図でした。なんでか北極海の島々にも住んでますね。どうやって渡ったのか。人が運んだとしか思えません。
 でもってその中のひとつの島の名前を見て「うなっ」となったんですが。
 スヴァールバル諸島。そういえばあったなぁ…と。
 スヴァルはSvalbardi(寒冷な)が語源らしいけど、おいらはどうしてもスバル人が浮かぶんですけどね。というかスバルにはもともと「寒冷な地方」という意味があったのか。
 ちなみに日本でも寒いことを「しばれる」言いますね。あれも不思議な言葉です。

●このスヴァールバル諸島はふつうの地図で見てもわからないですが、地球儀を上から見ると(グーグルマップの3Dモードで見ると)意外なほどグリーンランド、カナダに近い。もし北極海が氷結したらトナカイで渡ることもできたかもしらない。…簡単に書いてるけどトナカイ、およびハプログループRの分布図を見るとそうとしか思えません。
 なんらかの事情があって海を渡ったサーミ人。その末裔がインディアンになり、インカ、マヤ、アステカ文明を築き…と考えると胸熱すな。
 ちなみにスキュタイ人が持ってた「討ち取った敵将の頭の皮を剥ぐ」という風習をなんでかインディアンも持ってましたね。あれ強烈すぎるほどの証拠だと思うんですが。

●アメリカ先史文明が青銅を知っていても鉄器を知らなかった、あるいは馬を知らなかったのは以上の理由によります。鉄が広まったのはヒッタイト崩壊後のしばらく後のことであり、それ以前に北欧に渡ったフルリ人の一派があり、彼らは鉄器を知らぬままアメリカ大陸に渡っていった。
 馬は寒冷な北極海を渡るために持ちこめなかった。かわりにトナカイです。

●アステカの名の由来は北方にあるアストランというけど、その絵を見てある湖を思い出したんですが。コラ半島のイナリ湖です。というかコラ半島にある湖はたいてい多くの島々を有してます。
 北欧の人間ははるか東方にアスガルズを思い描いたけど、アステカの人間は北欧こそアストランだと考えてたんではないか…。まあ空想に類する話ですが。
 ケッツァルコアトルが「白い神」であったことも留意すべき点だと思います。

●ほとんど簡略化して書いてるので舌足らずな点も多いですけどね。このフルリ人の別名であるスバル。これを星の名前として記憶してる民族がいましたね。あえて書かないけど。
 でスバルといえばプレイアデス星団。フルリ、プレイアデス…響きがどこか似てませんかね。プレイアデスの7人姉妹というのはフルリ人によるミタンニ諸王国だった。あるいはミタンニ崩壊後のフルリ人の運命を描いたもんではないか。真偽はともかく、そう考えるだけで楽しいすな。
 という何らかの前「フリ」を残して終わる(ぇ

室鳩巣

●なんか書く時はいつも要約・省略して書くんで、書かない事もけっこう多いんすな。全部書いてると読む方も大変だろうし。
 AT・ASの近くにはたまに「ムロ」もあるなという話です。なんだムロって…。

●渥美半島の付け根あたりに豊橋市牟呂ってあるすな。近くに芦原とか朝丘町とかある。
 というか菅江真澄の出身もこのあたりでしたな。

●で紀伊の串本町も「東牟婁郡串本町」であり。紀伊半島の南端を牟婁という。というかここが本貫地という気がするすな。
 んでもって高知のびょーんと突き出た半島も室戸岬という。空海ゆかりの地。
 卑弥呼が都を置いてたという説のある室秋津島宮も御所市室です。おいらはもっと三輪山側だと思ってたけど、近ごろこっちの説に移りつつあり。こっちの方が説得力あるんで…。
 じゃあムロって何だと。

●で、今まで見た感じだと岬、半島、あるいはその付け根にムロがある感じすな。牟婁郡の説明には「「室」は「周りを囲まれた所」」とあるけど、それは後代の後づけ説明であり、古代人はもっとヘソ曲がりなんで。今まで調べてきた経験上だと…。
 で、わからない時はWikipedia先生に聞く…という事で探したらムルマンスクという地名…。
 ロシア…却下。

●と思ったけど、よく見たら「コラ半島上」にある。で調べたら…あらら…という流れで。
 はじめムルマンってのはロシア語から採ってるのかと思ったら、昔からコラ半島の北岸あたりを「ムルマン」と呼んでたらしい。
 ムルマン、英語だとMurman。このMurmanがノルマンになり、後にイギリスのノルマン朝を建国する…ということはイギリス人の祖先もコラ半島の人だという事になるすな。
 ならコラ半島には何が住んでたか。フン人発祥といわれる…例のサーミ人です。また出てきたよ…何度も出てくるよ。

●Murmanという綴りで思い出すのが…どうしてもMerman。人魚すな。
 フン人に人魚伝説なんてあったのかな。でもシュメール→古代拝火教→中央アジアの遊牧民→サーミ人という流れでいくと、根っこはシュメールにありそうすな。
 そこで思い出したのがオアンネスの伝説です。

●今の地図だとよくわからないけど、古代メソポタミアの海岸ってこんな感じだったと思うんです。つまり、ウル、ウルクあたりまで海が迫ってた。
 オアンネスの伝説が海岸のものだとしたら、ウルに伝わってた話かもしらない。つまり浦島太郎とは「ウルの男の物語」という事になる。

●人類に文明をもたらしたオアンネスは魚人ですね。鱗をもつ半魚人→爬虫類→蛇神信仰が生まれ…と。だからイナンナも蛇女なんだと。乙姫様なんだと。
 この蛇神信仰が中央アジア→北欧にも伝播して、ムルマン海岸(人魚の海岸)になり、イナリ湖(イナンナの湖)という地名になったんではないか。
 別にシャレで書いてるんじゃなくて…ここの湖はまた後で出てくるのでちょっと覚えといてくんさい。

●女神イナンナは天の神・金星の神とされるけどアプスー信仰と習合して、最終的に水の神様みたいになってるすな。
 このアプスー(原初の水)はアワとかアブクの語源になったと思ってますけどね。阿波、安房、大洲なんて地名もそうなんじゃないかな。

●大洲市について色々書くよりこの昔の海岸線見たほうが早いと思われ。古代人なら「絶対」ほっとかない土地だと思うんすが。
 こここそアプスー(原初の水)を体現した土地だ! と思ったかもしらない。というかアトランティスの記述にも似てる気がします。
 …余談。

●まあこれらの話はどうでもえーんです(ぉ ただムロの語源が知りたかっただけで。
 上の話を総合するとどうも「人魚」であり「蛇神」だという流れになるすな。卑弥呼が蛇神に仕えるシャーマンだとすると「室秋津島宮」という意味も通じる気がする。

●で、AS・AT、クシ、カモに関わる地名にはたいてい阿曇氏が出てくる。阿曇氏って何でしたっけ。つまり海人族ですね。卑弥呼とされる人の出身も尾張氏(海人族)です。
 海人族=マーマン=オアンネス…。ほとんど完璧じゃないすか…(ゴクリ

●でこの古代史に重要なカギを握るサーミ人。その発祥といわれる所のフン人…。
 でもおいらはフン人じゃないと思うんです。それ以前、紀元前1200年のカタストロフを引き起こしたスキュタイ人の子孫じゃないかと思うんです。
 なぜそんな事を言えるのか。それはアメリカ先住民が青銅を知っていても鉄を知らなかったからです。
 なんでここでアメリカ先住民が出てくるのか…というのは後日。