忍者ブログ
土井平蔵の中庭

水前寺

●以前に「地球は球体のほうが便利」だと書いたけど…平面のほうが便利かもしらんね。平面というか円盤というか…。
 いちいち地球儀回さなくてすむし。地図の図法ごとに面積が違うという事がなくなるし…ロシアやカナダが異様にでかいという現象。

●平面説はどういう連中が唱えてるのかね。その点よくわからんけど。
 ただ「地球は円盤である」と言ってる神話はたくさんあるけど、球体であると唱えてる神話は1つもないすな。その点がひっかかるのでね。

●海外じゃこの論は相当盛んらしくツベで「flat earth」で探すと膨大な動画が出てくるすな。
 実際に水平線を測定して「やっぱり平面じゃねぇか! 俺たちゃダマされてたんだ!」とかいう実験動画がごっちゃりある。楽しそうだな。

●まあ普通に生活してるぶんには球面だろうが平面だろうが調べようがないので。伊能忠敬みたいに四千万歩も歩いた人は別だろうけど。

●ついったの拾いもの1。チーター
 よく見るとまつ毛がはえてて可愛いんだけどね。それどころじゃないのか。

●敵だと思われないように「腕をふって足を上げてワンツーワンツー」とやってるとガブッとやられます。頸動脈を。

●その2。スケベニンゲン
 いいよねスケベニンゲン(笑

●すごくいいよね銀座スケベニンゲン(笑

●その3。女人禁制
 大昔は酒造は女性の役割じゃなかったっけ。米を奥歯で噛むんだっけ(ぇ

●噛んだやつをぺっとツボの中に吐き出すんだっけ(ぇ
PR

砂漠の魔王

●伝説といえばこんなのもあったすな。
 Ainu, First People of Japan
 口琴っていったっけね。ビョーンビョーンと…ぴょん吉が出てきそうな。

●アイヌの歌ってどういう内容かというと…ぶっちゃけセイ●ト星矢とかド●ゴンボールみたいな話で。
 超人的な力をもった少年ポイヤウンペが、神から授かった美しい鎧を身にまとい、天地を破滅させるほどの剣をふるって、怪鳥やら毒竜やら魔神やらと戦うという…。しかも空中でドッグファイトしてるみたいなシーンもあります。いやホントに…。

この動画見ればだいたいわかると思うけど…。
 アニメだからあんなカッコよく描いてるんじゃなくて、話の内容どおりに描写するとあんな装束になります。むしろアニメのほうが地味なくらい。
 そもそもアイヌって何者だと。

●ポイヤウンペ(小さき陸の人)は日本神話におけるスクナヒコナと同一視する説もあるすな。スクナヒコナ…伊豆諸島における弟三(テイサン)王子です。二王子の弟神です。

●ついったの拾いもの1。帯留め
 男子の劣情をそそるので禁止したほうが(略

●廃刀令といえばウチの5代前の爺さんが、家にあった5本ぐらいの刀をみんな茨城の那珂川に捨てたと伯父貴が言ってたすな。当時多かったのかね川に捨てる人。残ってれば1000万円は下らないとも言ってたが、嘘だろう。

●その2。泥まみれの虎
 なんか後から「こんなん描いてました」的なの多いよねあの監督。まだまだ膨大な量の…。

●宇宙戦艦ヤ○ト見て「ただの戦争礼賛アニメだ!」と憤慨しつつ一方でこんなの描いてたんすなハヤオさん。

●その3。伊万里焼
 うーん…エロい。妙にリアルでエロい。伊万里はエロス。

●36万で買ったけど置き場所がなくて1万円で売った人がいたんだろう。

長続連

●イラスト停滞中。ネタが浮かばんでのう…。おっぱいは頭の中にいっぱいあるんだが。

御陣乗太鼓
 以前北陸地方の伝説を調べてた時にめっけたもの。なんか…すごくね。こういうの世界遺産にすべきではと。

●上杉謙信が能登に侵攻してきた時、地元民は鬼の格好して、太鼓叩いて上杉軍を敗走させた伝説があるんだと。起源はもっと古い気がするけどね。
 というか鬼がだんだん可愛くみえてくる。

●ついったの拾いもの1。機械的なダチョウ
 一瞬人入ってるのかと思った。

●あれに乗って世界一周したいすな。時速1キロ以下だろうけど。

●その2。叙任式
 受けるほうは何か椅子みたいなのに乗ってるすな。勉強になる。

●絵的に「笑ってはいけない」の1シーンみたいだけど。

●その3。信長サブレ
 んな事いったら何だってできるやんけ…。もういくらでも量産したらええ。

●信玄サブレ、謙信サブレ、元就サブレ、政宗サブレ…。全部文字だけ。

●その4。方言
 アメリカ英語も、本場英語からしたらズーズー弁に近いんだと。やけにRを強調するとか抑揚が激しいトコとか。露骨にいやがる英国人もいるすな。

●標準語もはじめのころは旗本・御家人から「田舎くさい」「下品」と不評だったそうすな。
「お父さん」「お母さん」という呼び方があるまじき田舎臭さだったらしい。今となってはワケわからんけどね。

マラ化

●平面説というのはあくまで「こういう考えもあって面白いなぁ」という話なので、あまり信じないように。とくに若いうちに創造説やら平面説に傾倒してると受験に影響します。
 どっかの学者のおっさんが構築した「常識」というものにしっかり洗脳された人だけが立身出世できる世の中なので。

●それに球体のほうが便利だし、地球の歴史も何十億年あったほうが面白いし、宇宙も無限だと思えばこそ夢が広がるので。

●でも平面説だと色々説明できる事も多いんだけどね。世界をとりまく尾を呑みこむ竜(ヨルムンガンド)、かつて天に9つの太陽が出現した事、世界の中心にあった世界樹(ユグドラシル)、山海経に出てくる変な妖怪、地下世界、須弥山神話…等々。
 まあ創作のなんかのヒントに。

●ついったの拾いもの1。パタリロ
 パタリロはあまり見た記憶がないのに今見ると興奮するのは何故だろう。バンコラン見るとつい「キャー」と嬌声をあげそうに(おいおっさん

●舞台にするなら是非、海パンいっちょで全身にヒマワリ油塗った某庄司氏も。
「パピ、プペ、ペポ、ポピ」

●その2。ライト兄弟
 たしかにダウソタウソもそうだったすな。兄弟姉妹にすると一体感が増す的な(ぇ

●苗字違っても兄弟だったりする例もあるし兄弟船歌ってた鳥b(略

●その3。薄い本
 ああいうのは介護とかでも使えないのかね。アウトドアライフとか(どんな

●どっかの女性YOUTUBERの趣味の一覧に「tentacle」とあったので、どんな意味だと思ったら「触手」だった思い出し。

●その4。マテガイ
 天然のモグラ叩き…ならぬモグラつまみ。

●こんなに採りやすいのによく絶滅しないよな。あんまり美味くないのかな。
 ふつうに…美味そう…か。なんだか…。

佐間丘陵

●以前は創造論でアタフタしてたら今度は地球平面説というのが横行してるそうすな。まあ面白いんだけどね。
 創造論と平面説をミックスさせると…なんだか地球がマインクラフトみたいな世界になるわけですな。

●真実はさておき平面でも地球を説明できるというだけだろうけど。まあよく考えるよ…という。
 でも球体説も16世紀までは荒唐無稽に属する話だったので。それをプロテスタントだかユダヤ人だかがカトリックに打撃を与えるために球体説を広め…という話だろうと。でもここに来てやっぱり教会は正しかった、古代人の言ってたことはホントだった的な。これもネットの影響でしょうな。

●地球平面説は簡単に証明できますね。たとえばGoogle Mapsのストリートビューで…どこか海をはさんだ対岸の街を見てごらんさい。
 そこで街がはっきり見えたら平面説は証明されたことになります。もし地球が球体だったら見えるはずがないので。
 まあ余談ながら…。

●ついったの拾いもの1。ピュア
 …くねくねと曲がりながら(軟体動物的な

●いつもは杉の木みたいにピンとそそけ立ちながら帰宅。「あいつ…まっすぐや…!」

●その2。テラさん
 で人間嫌いになって漫画描くのやめて、ひさびさに尋ねてきた仲間が帰る時にいつまでも手を振ってるわけですね(どんな

●世の中そんな人間ばかり増やしてるような気がしてならない。

●その3。だまし
 お…おのれ…(佩刀を引き寄せながら

●逆に足からおっぱいにすれば「おおっ」と(なんでやね
 おいらも抜きかけの刀を鞘におさめ(なんでやね

●その4。魔美
 コンポコがただのタヌキ(あたりまえ

●高畑さんがきれジャイどころの話じゃない。もはや別人(笑
 もっとやったらいいと思います。