忍者ブログ
土井平蔵の中庭

アスコリピチェーノ

●福井周辺図

(Google Earth)

●まあ結局…点打ってたんですよ。やっぱり面白いんでね。
 例の司馬さんの小説にも、
「文献資料の存在しない古代史を考えるということは、もうそのこと自体が麻薬的酩酊をともなう」(『歴史を紀行する』p123)
 とあるとおりで。酔ってるんです。

●AS・ATの地名というのは言うまでもなく「アトランティス」の痕跡・名残だと思ってるんですが、日本に入ってきてからちょっと意味が違ってきたんじゃなかろうかと。

●ASには朝・浅・麻・葦という字が当てられてる事が多いが、たまに明と書いてアサと読む場所もある。
 西洋じゃアトラスは大地になってるけど、アジアでは太陽神の意味になってるんじゃないかと。つまりアマテラスですよ。
 山上にあって誰よりもはやく朝陽を拝する場所。太陽が来る場所。アサゴ。アタゴです。

●また麻はなんでアサなのか。葦はなんでアシなのか。ちゃんと名前にそれをもたらした人々の名を入れてるんすな。
 衣類の繊維になる麻。あらゆる用具の原材料になる葦。筵にもなるし袋になるし服にもなるし家にもなるし船にもなる。葦こそは未開から文明に導いてくれる偉大な植物だったわけで。

●で、そういう葦草が生えてる場所は水辺の浅いところですね。だからそこを「アサい」という…これは想像ですけど。
 でもAS・ATの分布図を見てると、ちょうど古代の海岸線を縁どるように散らばってる気がします。

●で、という項目をみるとアシは「悪し」に通じるので後年になってヨシ(吉)に変えたとある。
 ということは今の「吉」がつく地名もかつては葦・芦だったんじゃないかと。浅草(アサクサ)のすぐ北にあった吉原もかつてはアシワラだったんじゃないかと。
 奈良の吉野もかつてはアシノだったんじゃないかと…。これも想像ですが。

●でも実際奈良の図を見るとAT・ASは吉野周辺に密集してます。

 古代の奈良は吉野が中心地だったんですよ。
 じゃあ当時の奈良盆地には何があったのか。前にも書いたように広大な内海があったんです。だからAT・ASが無い。

●で、また変なこと書きますが出雲というのは今の山陰のそれじゃなくて、古代においては奈良を「出雲」といったんじゃないかと…。
 まあこれについては追々書きますが。今日はここで興味が尽きる。
PR

マッチョドラゴン

●日記近ごろ滞ってまつな。アタ・アサのこと考えてるうちにゴチャゴチャしてきて文章化しづらくなったので。
 カモ族の話書いてたけど、アタ・アサ=カモ族とは限らないのであって。

●地名調べるともうあっちこっちに「朝日町」というのがあるすな。あれは明治ごろに新しい土地が開かれて、地名をつけようという事になって、縁起のいい名前を持ってきたという所だろうけど。だから駅前周辺に朝日町が大量にある。とくに北海道。

●でも中には古代発祥の朝日もある。京都の愛宕神社を創建した役小角は、その前に「朝日峰」に新廟をつくったとウィキ先生にちゃんと書いてる。
 どうも愛宕と朝日というのは関連があるらしい。面倒くさい。

●愛宕とくるとたいてい近傍に若宮というのがある。若宮=弟三王子のことだろうと漠然と考えてたけどスクナビコナのこと見てたら「おお?」となる。
 スクナビコナは大国主の協力者になってるが、じつは大国主の双子の弟だという説もあるらしい。
 しかもスクナ=若いという意味であり、とくると若宮というのは…。

●愛宕(大国主)のそばに若宮(スクナビコナ)、大三王子と弟三王子。

●まあ今日はこのぐらいで…。

●ついったの拾いもの1。山手線
 最初20分に1回のペースなので「えぇ」と思ったが朝4時の段階だった。

●いっそ山手線は全部数珠つなぎにすればいいんじゃないすかね。輪っかをグルグルと…まあいいけど。

●その2。枯れ葉の山
 一瞬竪穴式住居になったのに吹いた。

●そのあと半裸で槍持って出てきたりして。

●その3。ダンボール
 ナントカドラゴンというとピンクのセーター着たプロレスのお兄さん思い出す病。

●腰に手をやるスタイルまで一緒。

鴨長明

●司馬さんがカモ族について書いてた部分ってどこだっけ…と調べたら珍しく見つかったすな。たいてい忘れっぱなしが多いんだけど。

「カモという地名は、諸国あわせて79ヶ所もあるそうだが、要するに天孫族に追われた出雲族の古称を「カモ」というのであろう」
『歴史を紀行する(文春文庫)』(124p)

●伊豆賀茂→いずかも→いづくも→出雲
 …なんでもね(ぉ

●あと宗像教授の漫画ってどんな内容なんだべと思ってツベ漁ってたら、こういう動画を見つけ。
今朝の三枚おろし
 鉄矢さんこの漫画にハマってるんだと。

●司馬さんにしては珍しくトンデモ臭のある事書いてるけど、ほんとにごく初期のころの司馬作品はトンデモだらけ。後年になると史実のことしか書かなくなってる。
 まあ晩年の作品も面白いんだけどね。街道をゆくとか。

●古代史やってるとどうしてもカモ族に辿りつくすな。

●ついったの拾いもの1。根拠の無いセリフ
 おねショタはなぁ…腹部膨満感…あるいは末端冷え症にだなぁ…。

●じゅ十二指腸潰瘍にだなぁ…そのうちなぁ…。

●その2。インコ
 南国の鳥になった気分なのかね。温風で。

●模様がそもそも南国の鳥っぽいけどね。美しいもんすな。

●その3。魔女の宅急便
 見たまんまではポニョっぽいけどね。嵐の海で。

●最終的に米良さんが雨の中で歌ってるし(誰や

蟹しんじょう

●へぇ宗像教授って漫画あったのね。あらすじ見たらおいらのヨタ話と波長が…。まあいいけど。
 おいらの場合はヒマ潰し&根拠なし話なので、ちゃんとしたの見たいなら漫画の方でも。

●「ちゃんと」したトンデモ話。

●ついったの拾いもの1。ゲームをしている時
 一人でゲームやっててこんな反応する人っているのかね。

●むかし人とやった時でも「あぁ」「おぅ」「うわ」ぐらいしか反応なかったすな。ほとんどオノマトペ。

●その2。湯たんぽ
 へぇ、ペットボトルで湯たんぽ出来るのか憶えとこ…ってマネしないでほしい事か。あぶね(笑

●むかし暖房費節約で湯たんぽやってたな。なんでやらなくなったんだろ。

●その3。読解力
「幕府は大名から」これが封建制の悲しいところで(そういう意味ではない

●「下段の意味も間違ってはいない!」とシゲシゲ公が(将軍かよ!

●その4。エビカレー
 エビはともかくおいらが反応するツイートはたいていツイ主がその拡散ぷりに狼狽してるパターン多し。

●海老しんじょうでも入ってるんじゃないすかね。入ってて欲しいな♪(願望

御嶽

●地図見ると東田というのがあり、その西にはやっぱり西田ってのがある。
 でもって北には北田、南には南田とかある。

●じゃあその中心に何があるのかと見てみると前田とか後田というのがある。
「何か」を起点にして前とか後とか言ってるんだろうけど。

●じゃあその前後の中心には何があるのかと思って見てみると御殿山だか宮内とかいう地名がある。たいてい丘になってる場所。

●御殿山…たぶん室町時代に城跡でもあったのかと思って調べてもそんなのは無い。神社もない。ただの丘。
 失われた土地の記憶。ただ地名だけがそれを留め。

●アタ、アサのまわりには愛宕下という地名が多い気がするので、やっぱりアタゴ信仰と関わりがあるんだろうかね。
 古代の女王様(アタゴ様)は山か丘の上に住んでたんですよ。山王とか山ノ神とか言われる人。

●という気づいた事。

●ついったの拾いもの1。称賛
 そんなものはここ数年無い。むかしはちょこっとあったけど。

●最初は「世間一般」なんですよ。でだんだん無理かなということで「大事な仲間」
 でも自分には大事な仲間なんていないことに気づいて「自分がすごいと感じる人々」
 でもそんな人と接触することは全然なくて最終的に自分だけの世界。

●その2。冷蔵庫
 いやめっちゃ欲しいんだけど(^^;

●だって自室にポットあるだけで渉るんだから、更に冷蔵庫とかあったら文明の恩恵浴しまくりじゃないすか。氷水飲みたい放題じゃないすか(そんだけ

●その3。忍術
山の長老「けしからん!!! …どんどんやりなさい」

●というかイランではアサシンの戦闘術みたいなのは存在しないのかね。日本は武道でもお花でもお茶でも「家元」みたいなの作って体系的なお作法にしちゃうからね。それが外国人にとっては分かりやすいのかな。知らんけど。