忍者ブログ
土井平蔵の中庭

リヴォニア騎士団

●おねショタの神様またどっか行きそうすな。他にやること無いんだけどなゲームぐらいで。

●ゲームといえばゲーム実況みたいなのやろうとして録画してたけど10分ぐらいで100MBとかになったので、あわてて削除する。


まあ例のごとく光の目なんですけどね。

クールラント聖領でパトクルとジョミニを獲得する方法みたいなの。あの2人いるだけでこの後の展開がだいぶ楽です。

まあ録画したところであんなデカいファイルどこに置けという。

●ついったの拾いもの1。恭兵さん
「「スキップ」でも「走る」でもない」で腹筋崩壊。たぶん突風で吹き飛ばされ(略

●あぶない刑事は恭兵さんの回転蹴り見るために見てたようなもんすな。

●その2。白土先生
 すごいね…ここ10年で一番貴重な映像見たかもしらない。

●白土先生の口から直接「酉蔵」の話が聞けるなんて一生モンやでしかし。
「う、美しい…!」

●その3。サムライ
 人を騙したり、出し抜いたり、仲間を裏切ったり…それがサムライだ。というのを近ごろ何かの小説を見た。まあ戦国時代のサムライだろうけどね。

●それに比べたら忍者ってのは仲間を大事にしすぎるんだと。大事にしすぎるから「お前はサムライにはなれねぇ」って話だった気がする。
 現代のサムライ像はたぶん明治以後に作られた尚古主義の幻想でしょう。

●その4。フェルメール
 これはぜひ関連画像も見るべき。

●チャンコ鍋を洗う力士とか。おくれ毛が色っぽい力s(略
PR