忍者ブログ
土井平蔵の中庭

Un poco tanukinuto

●どなたかが描いてたモグたん(ぼおん(c))のイラスト。
 左下の生物は一体…。

●あんだわといえば机の引き出しみたいな敵キャラいたけど(どんな)あれも藤子風にするとおもろいと思う。炎吐くやつ。
 エスパー魔美のたぬき犬みたいな感じで(笑

中世の館跡の発掘写真というのを見てちょっとビビった。
 お堀にノタっとかかってる橋みたいなの。あれ何だと思います。掘る前の地層なんだそうな。

●何書いてると思うかわからんと思うが、発掘するまで遺構はあんだけ地中に埋まってたという意味。

●むかし草藪におおわれた城跡とかに行って「ここに…昔…お城が…」と想像したりしてたが、実際のお城はあんだけ埋まってたんすな。道理で想像が映像化しにくかったわけだ。
 包装紙の上から中のお菓子の形状や味まで想像する的な…。
 想像しえたとしても、当たらず、そして近からず。

●近ごろはワーグナーとライバルだったブラームスの曲(交響曲1~4)を流し聴き。
 ライバルだからって、両者の作品に特異な差があるかというと、そんなでもない。
 どっちも時代のフォーマットの上で何か作ってるだけ。

●これワーグナーさんが作ったんですと言われれば、そういうもんかなと思う。


PR