忍者ブログ
土井平蔵の中庭

愛に生きる人

といっても水色の髪をした義星の人では(略


Annoying Orangeははじめその目鼻のドギつさというか、最後のお決まりの
「ナイフ」のザンコクシーン(笑)に「アメリカ人好きそうだなコレ」と思いつつ
ややヘキエキしながら見てたけど、そのノリというか雰囲気にハマってくる。

だんだんオレンジが愛らしくみえてくるからフシギです。


http://www.youtube.com/watch?v=jvnKybI7fzU&feature=relmfu


1:45あたりの「マクガイバー、サブスクライバー、ハハハハ」のオレンジに
ひどく萌えてしまう。
思わず応募しそうでした。


しかしこれと同じようなのが、かつての日本にもあったような…と思い
調べてみたら、ああそうか、アレか…と思い出す。

脳内のニューロンが急速に結合した感じでした。


愛に生きる人


コレみたらAnnoying Orangeのドギつさが何でもなくなるという(ぇ


当時の私も、年上の人間つかまえては「アニキィーーー!!!」とやって、ひどく
迷惑がられてました。

「私は君の兄ではない」と言われたこともあり(-_-;
PR