忍者ブログ
土井平蔵の中庭

宮廷作曲家シマム

●近ごろかなこさん絵作ってるのが楽しい。


使用ツール:http://pochi.x.fc2.com/kisekae/k_kisekae2.html

●永正ナントカってのは…その時代の人だという事です。16世紀の最初あたりの人。
 まだ細川管領家が威張ってて、赤沢ナントカとか、薬師寺ナントカという無名の実力者が出ては消えてった時代。ほんとに別の国の歴史じゃないかってぐらい知らない人が多い。たまに朝倉宗滴とか三好長慶(まだ幼少)とかが出てくるとホッとする。

●かなこさんのモデルは…やっぱり…ケンシロウなんかね。
 とガイジンさんがアップしてたMAD動画を見てるときフト思い。

ダウンタウン、仲良く話してる所を撮影される
 別にいいじゃんけ(^^; トシとってカドが取れてきただけじゃないの。

●というか両人とも大阪ローカルの番組やってるし。なんかの弾みで昔を思い出して「あぁそういえばあのとき相方が…」という流れとか。
 それで番組で2人が顔あわせると(あっ…)となる的な(^^;

●ついったーの拾いもの1。チャーチル
 チャーとは一体なんだろう。お茶のチャーか。

●そういえばちょっと前「○○界のChar」という言い回しをするのがマイブームでした。
 生花界のCharとか。お笑い界のCharとか。

●プロレス界のChar。

●その2。美術館
 19世紀の絵画家を苦しめた一言。写真の登場は脅威だったらしい。

●「ちょっと加工すればよくね?」「なんだぁて(略」

●その3。ゴッドガンダム
 こういうの見るとプラモも土偶の代わりなのかね。一種の偶像崇拝。

●個人的には光帝バランで間に合ってます。

●その4。花房神社
 古地図見てもなんも書いてないし、由来もよくわからないという。往時茫々という感じがする。

●移転するのしないのと騒いでるが、もともと外神田にあったのを移転してきたみたいすな。お稲荷さんも「またか」ぐらいに思ってるんでないすかね。

●こういうオヤシロを見て、当時の町屋の雰囲気とか、近くを流れてる神田川べりの柳の色、夕日のまぶしさとか妄想できたら、かなりの重症好事家です。
PR