忍者ブログ
土井平蔵の中庭

夜中之暇潰

●なんかえらい長編大河ロマンな夢見てたな…。寝てた時間はそんなでもないが。

●江戸時代と現代を行ったり来たりという。何の機械も用いずに。ごく自然にという。
 それが夢の力。

●ついったーの拾いもの。猫だかアフロだか
 アフロの前にニボシが置いてあったらウケる。どっかの人の良いお婆ちゃんが。

●その2。唐揚げだか犬だか
 さっきのアフロとノリが似てる。

●「こりゃうまそうだ」とプードルにたっぷり黒コショウをぶちまけて、唐揚げの前にそっとニボシを置く。
 どっかの人の良いお婆ちゃんが。

●その3。おわかりいただけただろうか。
「おわかりいただけただろうか」ってあのアライグマが言ってるのかと思った(笑

●なんか疑問に思ってた事がスッと氷解するたびに、天井の小窓がパカッと開いて、あの顔が出てきて、
「お わ か り い た だ け た だ ろ う か」

●でもって小窓がスパーーンと閉まる。楽しい生活。

●その4。家庭用回転寿司機
 発想がすばらしすぎて震えがきた。

●家庭でお寿司するなら「はいどうぞ」と直接手渡しした方が…。でもそれを言っちゃ流しそうめんの立場も…。まあいいけどさ…。

●ムダを省くのが文明。ムダを楽しむのが文化。とどっかの偉い作家さんが言ってた気がする。

●と夜中に起きて三題噺じみたことをして終わる。文化的な生活。
PR