忍者ブログ
土井平蔵の中庭

バイクロッサー

●暴れんボーに出てた女の子のことを「去年の大河に出てた」と書いたが、今年の大河です。イノーウェマォツァンすな。テレビの予告見てて「あ」となったんだけど。
 ということで訂正。

●栗塚アサヒ先生に関わった若手の俳優はことごとく幸運を手にする…ような気がする。先生にはふしぎな人徳があるすな。
つい最近堀北ナニガシと結婚してネット上で色々言われてた土方トシゾーとか。暴れんボーやってたマツケンさんもその一人なのかもしらない。

腐女子に育ってしまう幼少時の条件7箇条
 そういえば戦隊物好きな人多い気がするね。やや男の子の要素が強いのかね。

●おいらは男子のくせに特撮とか戦隊物には容易にハマらなかったすな。むしろ時代劇ばっかし見てたというか。そういう同世代の友人とのギャップというかモヤモヤみたいなのがあって、そういう部分を腐の人はちょっとわかってもらえると思うんだが、知ったこっちゃないか(笑

●この記事のすぐ下にDAIG○の記事があって、彼の姉貴の顔がモヤモヤ浮かんできて「あぁなるほどなぃ」と納得しながらページを閉じた。

●ついったーの拾い漫画。おっぱい
 騙されたとして何の損もないもんな。保存するかしないだけで。

●中国旅行に行った時、よく吹っかけれる日本人が多い話を聞いて、おいらもそれを警戒してたが、同伴の先生が「そういうのに騙されるのも、また旅の妙味なんだねぇ」と遠い目でおっしゃってた。
 まったく同じです(何が

●おっきすぎてもダメで、小さすぎてもよくない。ちょうどいい黄金比というのがあるんすな。そういう場合はいくら元気なくても、元気になっちゃう。画像収集というのは奥が深いもんす。

●その2。最後の晩餐
 おいらがむかしバイトしてた下町の工場みたいすな。社長が江戸弁で。

●「シろったメシカリをシるに食ったらシどくうまかった」的な。何書いてんだか。

●その3。BGMの時期
 最近はなに聴いてもおもしろいすよ。70年代のプログレロック最高すな…。

●作業用ってのは何時間でも聴いてられるので、超大作とか聴くといいすな。ニーベルングの指環とか5周ぐらい聴いてる気がする。
 あ、またあのおっさん歌ってる。とだんだん親しみ湧いてくるというか。

●その4。たんすいかぶつ
 あんだわに出てくる四角い敵みたい。

●タコ殴りという言葉があるが、あのタコは海のタコじゃなくて、強制労働者の隠語だという説を聞いてちょっと引いている。日本史上屈指の闇だと思う。
PR